富元酵素、川端のエキス、エスワンエス Gプラスなど、安心・安全・高品質の健康食品をお届けするオンラインショップ

酵母菌が生きてる「富元酵素」と高品質な健康食品の通販ショップ

ネットでげんき

(有)アオイ食品

〒463-0067
愛知県名古屋市守山区守山2-2-5

フリーダイヤル 9:00~19:00

0120-538-044

知っておきたい コラーゲンあれこれ

コラーゲンの役割はカラダ全体に関わっています

お肌のハリと弾力を保ちたい・・永遠の女性の願い

コラーゲンと聞くと、お肌や美容の事だと思われがちですが、実はそれだけではなく、カラダの様々な部位に大切な作用しているのです。

コラーゲンは 皮膚、骨、歯、軟骨、腱、血管壁などを整え、細胞と細胞を結び付けたり、その弾力性を持たせたり、新陳代謝を促進したり、骨にカルシウムを補給したり、骨や臓器などの補強や形を正常に支持する働きを果し、健常な生命活動を行う上に大変重要なものです。さらにコラーゲンには、免疫力を高める効果もあります。

コラーゲンって、カラダのアンチエイジング対策にも欠かせないものだったのですね!

そもそも、コラーゲンって?

コラーゲンはタンパク質の一種で、
カラダを構成するタンパク質の約30%を占めます。
皮膚組織では水分以外の7割がコラーゲンで、 
皮膚の弾力性やみずみずしさを保つのに役だっています
コラーゲンは  
細胞と細胞の間をつないで酸素や栄養を補給したり 
老廃物を除去したりする経路を作っているほか、 
軟骨や骨の弾力性を増すのにも役だってます。
腱や靭帯を構成してるたんぱく質もコラーゲンで、
目の水晶体や角膜にも含まれてます。

こんなに沢山ある!大切なはたらき

足腰とお肌の若返りに

カラダの様々な部位に深く関わるコラーゲン

コラーゲンの役割
  • お肌の真皮層の約70%は コラーゲン。
  • 関節軟骨の約50%も コラーゲン。
  • コラーゲンはカラダのあらゆる場所に含まれており
    身体の土台を作る重要な役割を担っています。
  • みずみずしく弾力のあるお肌の維持
  • すり減った軟骨の再生痛めた関節軟骨の修復や再生
    にもコラーゲンは深く関わっています。

こんなに大切なのに、体内で作られるコラーゲンは年齢とともに減少!!

加齢とともに減少するコラーゲン

残念なことに、体内で作られるコラーゲンは年齢とともに減少
体内で作れないなら・・お肌や足腰の老化防止のためにも、
良質なコラーゲンを 継続して補給することが必要になるのです。

高品質なコラーゲンなら、こちらをクリック

良質なたんぱく質やコラーゲンを含んだ食材を摂取して、不足分を継続して補いたいものです。コラーゲンを含む食材はいろいろありますので、ぜひ日頃のお料理に 積極的に取り入れてみて下さい。

※ただし、同じものばかりを大量に摂ることはご注意ください。食べ過ぎてしまうと、その食物に含まれる ほかの成分も(たとえば油分、糖分、塩分、カロリーなど) いっしょに摂り過ぎてしまうので、過剰摂取は 危険です。 ご注意ください。

せっかく摂ったコラーゲンは、できるだけ無駄のないように有効活用したい。
エス・ワン・エスは、独自の副材料を組み合わせ、効率よくコラーゲンを摂取できるよう考え作られています。

エスワンエス」詳しくはこちらをクリック

カラダの部位とコラーゲン

コラーゲンは、皮膚の弾力性やみずみずしさを向上させ、関節や靭帯の弾性を保ち、カラダの様々な部位に深く関わっています。

皮膚は表皮・真皮・皮下組織の三層から成りたっています。表皮を下から支えている真皮の70%はコラーゲン。コラーゲンにより肌のハリ・弾力・潤いが保たれています。

●コラーゲンを作る力が強い若い時は、肌はきめ細かく弾力があり、みずみずしく潤いがあります。

●コラーゲンを作る力は 20才をピークに徐々に衰えはじめ、40才を過ぎると急速に衰えます。

●老化によりコラーゲンが減ってくると、水分を保つ働きが弱まり、肌は乾燥し、シワやたるみができます。

「肌のターンオーバー」とは、表皮が新陳代謝している様を言い表したもので
肌の生まれ変わり(新しく生まれた皮膚が古い皮膚と入れ替わる)周期のことです。
肌のターンオーバーを活発に行うためにコラーゲンは欠かせません。コラーゲン補給で 新陳代謝が活発になれば、コラーゲンを作る力も 活性化されるようです。
お肌のターンオーバーの促進、 期待したいですね!

髪・爪

髪・爪は お肌の延長

髪の毛はお肌の表皮の下の「真皮」に根ざしています。真皮のコラーゲン量が満たされていると、太く豊かな髪になりますが、毛髪の畑ともいえる真皮のコラーゲンが衰えると抜ける髪が増えます。髪の毛が細く、ボリュームやツヤがなくなったと感じたら、コラーゲンの補給を。

爪もお肌の表皮の下の「真皮」に根ざしています。爪も真皮のコラーゲンが爪の調子を左右します。真皮のコラーゲン量が満たされていると、艶やかで弾力性のある爪。爪が折れやすいなど、爪の不調が見られるときには、コラーゲン不足が考えられます。

コラーゲンで補強工事を!

骨の健康を維持するには、よく知られる「カルシウム」と同様に「コラーゲン」もとても重要です。カルシウムは「骨の硬さ」に、コラーゲンは「骨の柔軟性」に 関係しています。骨の強度は「骨密度」と「骨質」で決まるそうです。「骨密度」に重要な「カルシウム」だけでなく、「骨質」に大きな影響を与える「コラーゲン」も大切なのです。

関節

骨と骨の間にある 関節軟骨。関節軟骨の50%はコラーゲンでできていて、骨と骨がぶつかり合わないようにクッションの役割をしています。そのクッションがすり減ってしまったら、クッションを若返らせてあげることが大切です。

じん帯・アキレス腱なども ほとんどがコラーゲンからできています。じん帯・腱などは 身体のバネです。コラーゲンは、これらバネの若返りに深く関わっています。歩くのに必要な 膝の軟骨・じん帯・アキレス腱はすべてコラーゲンからできています。

関節といえば、グルコサミン&コンドロイチンのイメージが強いですが、コラーゲンが関節軟骨の50%に対してグルコサミンなどの量はとても少ないのです。身体の中の成分はそれぞれが協力し合って働いているため、どれか一つだけ摂れば良いというもではありません。身体の土台となる大切な役割を果たすコラーゲンを充分に補給することは大切なようです。

歯茎

年を重ねると、歯が長くなったように見えますが、これは歯が長いのではなく、歯茎が痩せて下に落ちているのだそうです。歯茎の60%はコラーゲンからできており、歯茎に弾力を与え、下から歯をしっかり支える役割があります。歯は健康のバロメーターと言われ、歯や歯茎に病気があると、全身の健康に大きな影響を及ぼします。歯を失う原因の一位は歯周病です。歯周病にかかると、コラーゲンを分解する酵素が作られ、歯茎のコラーゲンを分解してしまうそうです。土台であるコラーゲン(歯茎)がしっかりしていないと丈夫な歯でも役に立ちません。歯、歯茎を健康に保つためにはコラーゲンはとても大切なのです。

正確に見えるのはコラーゲンのおかげ!

眼の水晶体、角膜、網膜などにはコラーゲンがたくさん含まれており、眼はコラーゲンの塊のようなものとも。特に角膜にはコラーゲンが多く含まれます。角膜は、外部からの光を屈折させて、水晶体とともにカメラのレンズのような役割をします。 角膜は 眼球を覆う膜で、透明な組織でできていて、コラーゲン繊維が規則正しく並んでいます。物が歪まず正確に見えるのもコラーゲンがしっかりしているからです。 

角膜にあるコラーゲンは細菌やウイルスから眼を保護する役割もあります。コラーゲンが不足してしまうと、角膜が弱くなってしまいます。その結果、角膜の表面に傷ができたり、結膜炎、白内障、視力低下といったトラブルが起こりやすくなります。角膜炎(角膜の周りが充血)もコラーゲン不足が原因の一つです。

血管

人は 血管とともに老化! コラーゲンで血管美人に

血管は年齢とともに歳を取ると言われます。加齢により血管は硬くなり脆くなり、詰まりやすく切れやすくなります。動脈硬化は 「血管の老化現象」です。

血管は コラーゲンが主成分で、コラーゲンでできたチューブともいえます。血管の弾力を生み出しているのもコラーゲンでこの弾力のおかげで、血圧も安定しているそうです。血管も コラーゲン不足により大きなダメージを負ってしまいます。意識的に コラーゲンなどを摂取し、血管の弾力性を保ちたいものです

免疫

ウイルス・細菌にも負けない!免疫機能をアップ!

免疫力とは 人が生まれ持つ抵抗力のこと。 体の外から侵入しようとするウイルス・細菌や、体の中で発生するガンなどを異物として識別し、無害化しようとする力のことをいいます。コラーゲンと免疫は とても深い関わりがあります。私たちのカラダは 『免疫』という機能で守られています。体内に侵入した ウイルスや細菌などを退治してくれるマクロファージという細胞はコラーゲンと とても相性が良く、コラーゲンを与えると100倍に近い速度でウイルスや細菌を退治してくれるそうです。

コラーゲンは 動物性タンパク質の一種。動物(牛、豚、鶏、魚など)の体を構成しているときのコラーゲンは高分子です(高分子コラーゲン)。これに熱などを加えて抽出してできた『煮こごり』も高分子。
※低分子コラーゲンは高分子コラーゲンを人工的に細かく切ったものです。

コラーゲンは 体内で消化され、小さな分子(アミノ酸)に分解され吸収されます。この時、高分子コラーゲンの場合、一部が分解されず高分子のまま吸収されることにより免疫力を高めるそうです。
※低分子コラーゲンは体内でアミノ酸にまで分解されてしまうため、栄養としては役立ちますが、免疫力を高める力は期待できません。

コラーゲンは 余計な加工をしていない自然に近い、高分子が 望ましいのです。

自然に近い高分子コラーゲンなら

エス・ワン・エス」 は、アミノ酸の組織が人間に近い豚皮だけを使用した粉末タイプのコラーゲン。
ゼリーができる高分子コラーゲンの粉末「エスワンエス」は医学博士が開発した本物の自然派コラーゲンです。

 

エス・ワン・エス」 は、アミノ酸の組織が人間に近い豚皮だけを使用した粉末タイプのコラーゲン。
ゼリーができる高分子コラーゲンの粉末「エスワンエス」は医学博士が開発した本物の自然派コラーゲンです。

 

エスワンエスGプラス

エス・ワン・エス』の基本コンセプトである高分子コラーゲンへのこだわりはそのままで、グルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸といったムコ多糖類を新たにプラス!

 

ご注文・お問合せ 

ご注文はお電話でもOK!
フリーダイヤルでお気軽に

9:00~19:00

お客様専用フリーダイヤル

0120-538-044

ネットでのご注文も承っております

ごあいさつ

鎌滝充弘

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。